自然素材の家:使用自然素材 【神奈川 - 横須賀・鎌倉・湘南】

注文住宅・リフォーム 神奈川(横須賀・横浜)お問い合わせ:046-803-5555

湘南ウッディスタイル お問い合わせ

自然素材の家:使用自然素材

湘南ウッディスタイルでは、以下のような自然素材を使用しています。

構造材

国産の無垢材を使います

国産の無垢材

日本には四季があり、冬の乾燥と梅雨の湿気の両方に耐えうる必要があります。その日本の風土に適した木材は、「その土地の風雨に耐えて育った木」であると、私たちは考えています。

また、日本産の木材を積極的に使うことによって、この国の林業の活性化に少しでも役立つことを祈っています。

構造や工法のくわしい説明は、「自然素材の家:構造・工法について」をご覧ください。

ページの先頭へ

壁・天井材

土佐和紙

土佐和紙

土佐和紙壁紙 通信販売

土佐和紙は、平安時代から約1000年の歴史を持っています。
種類の豊富なことと、品質のよいことで有名です。昭和51年には「伝統工芸品」としても指定されています。

内装壁紙としての土佐和紙は、主に機械漉きです。
原料はすべて天然繊維のため、燃やしても有害物質を出しません。
特徴として、有害な化学物質の放散がないこと・結露が出来にくいことがあげられます。

生石灰クリーム

生石灰クリーム

石灰岩や貝殻を焼いたものを生石灰(きせっかい)といい、これと水とを反応させてペースト状にしたものが、生石灰クリームです。
漆喰よりも表面が硬く仕上がり、傷がつきにくいのが特徴です。

土や砂、藁、顔料など他の素材を混ぜることによって、表情を変えることもできます。

100%自然素材なので、有害ガスの発生もなく、高い安全性を誇ります。

漆喰

漆喰

漆喰は、消石灰に海草糊やスサ(麻の繊維や紙などを細かく切った物または川砂)を混ぜてペースト状にしたものです。

施工直後から、徐々に空気中の二酸化炭素と化学反応を起こしながら、少しずつ硬くなっていきます。

強いアルカリ性ですのでカビにも強く、また不燃性もありますので、土蔵に使われたりしています。

無垢材

無垢材・壁板

スギ・ヒノキ材などを腰壁や壁一面、天井に張ることもできます。

壁一面に張る場合、広く見せたければ横に、天井を高く見せたければ縦に張るのがオススメです。

コーラルストーン

コーラルストーン

コーラルストーンは、珊瑚や貝類が長い年月をかけて堆積した石灰岩です。
珪藻土は植物性プランクトンの化石ですが、コーラルストーンは珊瑚や貝の化石です。

また石灰岩ですので、漆喰の素でもあります。
炭や漆喰、珪藻土と同様に多孔質のため、調湿や消臭効果に優れています。

石ですから燃えませんし、外壁にも使用できます。

また、他の天然石も施工可能です。

ページの先頭へ

床材

無垢材

無垢材・床材(フローリング)

無垢材のフローリングは、自然素材の暖かい感触が魅力です。樹種・色味・厚みや幅には色々な種類があり、何を選ぶかによってイメージが変わります。
一般的にオーク(ナラ)・バーチ(カバ)・メープル・チークなどの広葉樹は硬く、パイン・スギ・ヒノキ・マツなどは柔らかいという特徴があります。

未塗装のものには、ワックスを塗って木そのものの感触を楽しんだり、自然塗料で好みの色をつけることもできます。
また表面を加工した無垢のフローリングや床暖房対応のものもあります。

コルク

コルク・床材(フローリング)

コルクは、コルク樫の皮を粉砕し、接着剤を混ぜてシート状にした床材です。
保温性がありますので肌触りが暖かく、弾力性や吸音性にも優れています。

形はタイル状とフローリング状があり、それぞれに無塗装タイプ・天然ワックス仕上げ・ウレタン塗装仕上げ・ビニールシート仕上げなどがあります。

酸や油、水に強く、キッチンや洗面所、トイレにオススメです。
デメリットは、直射日光を受けると退色すること、家具を置いていた場所に凹みが出来ること、キャスターの後が他の床材と比べて付きやすいことなどがあります。

カーペット

カーペット(絨毯)

足触りが柔らかく、保温性や吸音性に優れ、装飾性も高いです。

織カーペットと刺繍カーペットがあり、前者の方が密度が高く、高級です。

材質は、ウールと合成繊維が主流です。

サイザル麻・ココヤシなど

サイザル麻・床材(フローリング)

天然繊維の麻やヤシの実を織った床材です。防音性に優れ、静電気が生じません。

ざっくりとした足触りを好む人には魅力的な床材です。
幼児の素足にはやや痛く感じるかもしれませんので、ウールとの混紡タイプを選ぶと良いでしょう。

通常、全面接着工法で敷き込みます。

天然石・タイル

天然石・タイルの床材

天然石は、高級感や耐久性がある一方、堅さや冷たさが感じられ、特に室内の場合、歩行感や肌触りは良いとは言えません。
全体に敷き詰めるよりは、たとえば暖炉周りなどにアクセントとして部分的に使うことをオススメします。

タイルは一般的に水や汚れに強く、色やデザインも豊富です。水回りにオススメです。肌触りが冷たいのが難点です。

ページの先頭へ

塗料

柿渋

柿渋

柿渋は、青い未熟な柿をつぶして圧縮してできた汁を発効させた天然素材です。
平安末期から、桶・樽・団扇など、さまざまなものを長持ちさせる防水・防腐剤として使用されてきました。

柿渋の大きな欠点として、独特の強い臭いがあります。
通常は1週間ほどで消えますが、濃い色にしたい場合、2度塗り3度塗りをしなければならないので、リフォームで住み続けながらの塗布は臭いがネックです。
最近はその臭いが解消された柿渋も出てきましたので、使用する敷居は低くなったと思います。

※柿渋を防蟻目的に使用することは、弊社ではしておりません。

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックス

蜜蝋は、木の表面に皮膜を作り、防水・防腐に優れています。

蜜蝋ワックスも色々な所から出ていますが、湘南ウッディスタイルでは、未晒し蜜ロウワックスを使用しています。
純正一番絞りエゴマ油と紀州熊野産の蜜蝋のみを原料とする、シンプルで、環境に優しい無漂白のワックスです。

キヌカ

キヌカ

日本には古くから糠で床を磨く習慣があり、これをヒントに米ぬかに含まれるロウ分・ワックス分を主原料とし、天然素材だけを組み合わせて作った100%自然塗料が「キヌカ」です。
米ぬかが原料ですので、ほとんど臭いも色もありません。

注意点としては、必ず無垢材・無塗装の木材に塗ること。ただしクリ材、チーク材への使用は控えること。ウエスで擦り込むように塗ること(刷毛塗り・2度塗りは塗りすぎになります)。

オスモカラー

オスモカラー

オスモカラーは、木材・木工の専門家の立場から開発された、自然の植物油(亜麻仁油、アザミ油、ひまわり油、大豆油など)とワックス(カルナバ、カンデリラ)がベースの塗料です。
いやな臭いもなく、人体に害を与えない「無公害」で「安全」な木材保護塗料です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ

リフォーム施工エリア:神奈川(横須賀・鎌倉・湘南・横浜)

神奈川(横須賀・鎌倉・湘南)の注文住宅・リフォームについてのお問い合わせ
弊社の営業方針につきましては、「お客様への安心のお約束」をご覧ください。

施工エリア
神奈川(横須賀・湘南・横浜)
横須賀市・三浦市・横浜市・葉山町・逗子市・
鎌倉市・藤沢市・茅ヶ崎市・平塚市・大磯町・
二宮町・小田原市

湘南ウッディスタイル

社長ブログ

土佐和紙壁紙 通信販売

「財団法人 住宅保証機構」加入業者

日本CM協会 会員番号1302570

NPO法人日本健康住宅協会 健康住宅アドバイザー 登録番号 第101-01173-1

当社のお客様限定 24時間365日対応